社会福祉法人村上市社会福祉協議会|社協|新潟県村上市|ささえあい村上|地域福祉|生活支援|高齢者福祉|障害者福祉|ボランティア

 

6月18日 山形県沖地震について

 

「ゆり花相談所」の閉所について

「ゆり花相談所」の閉所について
 
 
 このたびの震災にて、被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
 
 村上市社会福祉協議会では、住民の皆さまからの困りごとや相談ごとに対応するため、ゆり花会館内に臨時窓口として被災者総合窓口『ゆり花相談所』を開設いたしました。
 住民の皆さまからの相談やお問い合わせについては、情報提供をするなどして対応してまいりました。まだまだ以前の生活に戻ったとは言えませんが、徐々に通常の生活に戻りつつあります。
 つきましては、6月28日(金)をもちまして、『ゆり花相談所』を閉所させていただくこととなりました。
 
 『ゆり花相談所』は閉所させていただきますが、困りごとや相談等ございましたら下記窓口にて対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。
 
【6月29日以降の相談窓口】※FAXは24時間受け付けております。
 ◎村上市社会福祉協議会 山北支所(ゆり花会館内)
  TEL:0254-77-3283(月~金 8:30~17:30)
  FAX:0254-77-3992
 
 ◎村上市社会福祉協議会 地域福祉課(村上市神林支所内)
  TEL:0254-62-7757(月~金 8:30~17:15)
      FAX:0254-92-7780
 

被災された皆さまへ(6/21更新)

被災された皆さまへ(6/21更新)
 
 
 この度の地震で被災された皆さまには、心からお見舞い申し上げます。
 
 村上市社会福祉協議会では、6月21日(金)から市役所と連携のもとに、
 被災者総合相談窓口 ゆりはな相談所」  を開設いたしました。
 
 
  ●役所への手続きができなくて困る・・・
  ●お金の相談をしたいけど、どこに行ったらいいのか・・・
  ●体調が思わしくないのだけれど・・・
  ●余震が怖くて、夜眠れない・・・
  ●これからのことが不安だ・・・
  ●屋根の雨漏りが心配だ・・・
 
 など、皆さまが暮らしていく上での困りごとの相談をお聞きします。
 ボランティアさんにご協力いただいたり、専門家をご紹介したりと、いろいろな方法で皆さんのお困りごと解決のお手伝いをさせていただきます。
 下記の連絡先に、お電話やFAXでご相談ください。
 電話でお話しにくいことがあれば、ご自宅へお伺いさせていただくこともできますので、遠慮なくお声掛けください。
 

ボランティアの皆さまへ(6/21更新)

ボランティアの皆さまへ(6/21更新)
 
 
 6月18日の地震災害発生以来、多くの方から支援のお申し出や激励のお言葉をいただいております。誠にありがとうございます。
 
 村上市社会福祉協議会では、発災以来、地域のリーダーを通じて被災された皆さんのお困りごとをお聞きする活動を続けてまいりました。6月21日から『ゆりはな相談所』という被災者総合相談窓口を開設し、被災された方の声を聴き、相談に応じ、暮らしの再建に向けて支援を継続してまいります。
 
 夜間の地震災害という状況、被災された方々の心理状況などから、現時点では片付けなどの作業もそうですが、特に今後の生活への不安や行政手続きのむずかしさ、自分の話を聴いてほしいというお気持ちにお応えするなど、丁寧な個別の支援が必要と考えております。
 
 現時点では、日本全国のボランティアの皆さまにお力をお借りしなければならない困りごとは多くなく、地元の皆さんのお力で対応ができております。
 
 今後、皆さまのお力をお借りしたいということが出てきましたら、随時募集をさせていただきます。
 引き続き、ご関心を寄せていただけましたら幸いです。
 
 

これまでの経緯(6/25更新)

これまでの経緯(6/25更新)
 
 
 社会福祉協議会では、以下の流れで被災された方々からの困りごとや相談ごとをお聴きしました。
 
  ●6/18 22:22  地震発生
  ●6/19 午前          被害の集中している府屋地区の区長様にお願いし、集落の全世帯に告知端末を使って
             困りごとなどがないか聞いてもらいました。
  ●6/19 夕方    上記区長様に確認していただいたところ、現時点では『困っている』という問い合わ
             せ等は1件もなし。発災直後であり、また自ら声を上げにくい方もいるのではないか
             ということで、相談所を開設し丁寧に困りごとや相談ごとを調べることとしました。
  ●6/20 午後    府屋地区の全世帯に対して、『ゆりはな相談所』開設のお知らせチラシ歩いて配らせ
             ていただき、在宅の方には声掛けも実施しました。
  ●6/22~23    担当の民生委員さんのご協力のもと、一人暮らしや高齢世帯、障がい者世帯に対して、
             個別に訪問を実施し、現在の困りごとや将来に対しての不安なことなどをお聴きしま
             した。
  ●6/25       行政の方と一緒に、府屋地区より北側の3地区に対して、自力で災害ゴミを出したり
             片付けができない世帯がないかを調査。
 
 以上により困りごとや相談ごとには、情報提供や行政・地元業者さんに対応していただいたり、必要に応じて独自で現地入りした技術系のボランティア団体さん(ブルーシート張りなど)にお願いしたりして対応しています。
 
 自分のことは自分でするという『自助』はもちろん、特にご近所の方々の助け合いによる『互助・共助』がしっかりと形成されている地域性もあり、不特定多数のボランティアを募るほどの困りごとはないと判断し、災害ボランティアセンターは設置しないこととしました。
 今後長く生活していく被災住民の方にとって、お互いに助け合うという仕組みがあるということは誇るべきことであり、社会福祉協議会では『互助・共助』を平時からサポートし、皆さまが住み慣れた地域で暮らしていけるよう支援させていただきます。
 
 全国各地から、ご心配の声、ボランティアをしたいという声を多数いただき、誠にありがとうございます。
 今後も変わらずご関心をお寄せいただき、ご協力をお願いすることがありましたら呼び掛けさせていただきますので、その折にはぜひよろしくお願いいたします。
 
<<社会福祉法人 村上市社会福祉協議会>> 〒958-8501 新潟県村上市三之町1-1 TEL:0254-53-3467 FAX:0254-50-0020